スキンケア

痒い!痛い!メイクがのらない!女子の大敵「肌荒れ」の原因って?予防対策もご紹介

肌荒れって、痒かったり、ヒリヒリしたり、見た目にも影響してしまい、女性にとっては美容の大敵とも言えますよね。肌が荒れれば、メイクノリも悪くなってしまい、なんだか自分の顔にも自信が持てなくなってしまい…。

出来れば、肌荒れは起こしたくないというのが全ての女性の願いではないでしょうか。

 

この記事では、美肌を目指す女性に向けて、肌荒れの原因とその予防対策をご紹介していきます。肌荒れに悩まされているあなたの、今後の糧となりますように。

まずは、肌荒れの予兆、そして肌荒れにはどのような症状があるのか?という点についてお話していきます。

 

肌荒れにはどんな症状がある?

この兆候がでたら注意!肌荒れの初期症状とは?

肌荒れは、症状が悪化すればするほどに治しにくくなってしまうもの。肌荒れになってしまう予兆を素早く察知し、早い段階で手を打つことが大切です。

 

肌荒れの初期症状として一番多いと言われているのは、「肌のかさつき」。

肌がかさついてしまう原因は、肌自体の保湿力が衰えてしまっていること。潤う力が弱くなってしまった肌は新陳代謝が遅くなり、その肌表面には古い角質が溜まってしまいます。その結果、肌の手触りがカサカサし、ゴワついてしまうのです。

 

肌にはバリア機能というものが存在するのですが、これは水分と油分のバランスが保たれることによって機能するものです。バリア機能が働いている健やかな肌は、外からのダメージに強く、潤う力をしっかり持っています。

つまり、肌の手触りがカサついているということは、肌を守るバリア機能が低下しているということ。バリア機能が弱まった肌は、乾燥などの肌荒れを引き起こす可能性が高いので、カサつきを感じたらすぐに対策をとりましょう。

 

肌荒れの症状一覧

仕事や家事に忙しい日々を送る、現代の女性達。肌荒れの予兆に気づけないまま、肌トラブルを発症してしまうこともありますよね。

初期症状を越え、本格的に肌荒れを発症してしまったトラブル肌には、以下のような症状が引き起されていきます。

 

・肌の乾燥

・毛穴の開き、たるみ

・吹き出物(ニキビ)

・皮脂の過剰分泌(べたつき、テカり)

・痒み、ひりつき

・赤み

・湿疹

 

もちろん、これらは対策によってすぐに治せる可能性もありますが、放置していると悪化し、皮膚炎に発展してしまうこともあります。

思い立ったが吉日、肌荒れが気になったそのタイミングでぜひ、対策を取って下さいね。

 

こんな方は肌荒れに注意!

肌荒れの原因は、実に様々。以下のような方は、肌荒れになってしまう、または悪化してしまう可能性が高いです。あなたはいくつ当てはまるでしょうか?

 

・スナック、油っこいもの、甘いものが好き

・タバコを吸っている

・お酒が好き/飲み会に行くことが多い

・コーヒーをよく飲む

・夜ぐっすり眠れていない

・不規則な生活を送っている

・顔を熱湯で洗い、ゴシゴシしてしまう

・化粧をしたまま寝てしまうことがある

・シーツ、枕カバー、メイク道具をしばらく洗っていない

・運動不足である

・ストレスを感じている

 

肌荒れの原因とは?

ホルモンバランスの乱れ

では、そもそもなぜ肌荒れは起こってしまうのでしょうか?その原因には様々なものがありますが、ここでは代表的なものをお話していきます。

 

まず、女性ならではの肌荒れ原因が、ホルモンバランスの乱れによるものです。肌はホルモンの影響を受けやすい組織で、特に生理前に分泌される女性ホルモン「黄体ホルモン」は、肌を敏感させ、皮脂分泌を過剰にすることで肌のトラブルを引き起こしがちです。

ちなみに、生理がおわると肌の調子が良くなった経験はありませんか?これは、同じ女性ホルモンである「エストロゲン」によるものです。このエストロゲン、加齢と共に減少していくホルモンであるため、40代以降は肌荒れをより実感しやすくなります。

 

疲労やストレス

よく眠れていなかったり、ストレスが溜まっていたりする時って、肌のコンディションがビックリするほど悪化しますよね。人は睡眠時に細胞の再生を行いますので、睡眠時間が足りていなかったり、ストレスなどが原因で熟睡出来ていなかったりと、その分肌の再生も中途半端になってしまいます。また、ストレスは自律神経にも悪影響を及ぼし、自律神経が乱れると、血行が悪くなり肌に栄養が届きにくくなり、肌状態は悪化します。

 

外的要因(乾燥、肌ストレス)

紫外線、花粉、大気汚染など、私たちが生活する場所には肌荒れの原因が沢山あります。

これらのように外的刺激を加える存在は、身体の免疫機能を刺激し、アレルギー反応を起こしてしまうことがあります。アレルギー反応を起こした肌は、かゆみや赤みを発し、悪化すると皮膚炎に繋がってしまいます。

また、頬杖をつく、顔を触る、前髪がおでこに触れるなどの外的刺激も、お肌に負担がかかりトラブル原因になりますので、注意しましょう。

 

内臓の異常

「腸内環境を整えると、肌状態が改善する」と耳にしたことはありませんか?

内臓と皮膚は密接な関係にあり、胃腸の機能に異常が起こってしまうと、身体の栄養をうまく運搬することが出来なくなってしまいます。胃腸だけでなく、肝臓が疲れると、かゆみや赤みなどの肌荒れに繋がることもあります。食生活と生活習慣を整え、内臓の負担を軽減して労わってあげましょう。

 

肌荒れの予防対策

スキンケア

肌荒れにどのようなものがあるのかが分かったところで、肌荒れの予防対策についてお話していきます。

まず、もっとも直接的に影響するのが、スキンケア。肌表面に存在するバリア機能の維持には、水分と油分をしっかりと補給してあげる必要があります。

洗顔をしっかり行って肌を清潔にし、化粧水、美容液、乳液、クリームの順番で塗っていきましょう。スキンケアをする時は、肌に負担とならないように、叩きこんだり強くこすったりしないように気を付けます。

スキンケアの効果を実感するには、それぞれを塗布する順番も重要です。それぞれの化粧品に関するメーカーの指示の通りにスキンケアを行いましょう。

 

食生活の見直し

身体は、あなたが食べたもので構成されています。お肌が美しくなるかどうかは、あなたの普段の食事にかかっていますので、健やかな食生活を送るよう心がけましょう。見直しポイントは下記の通りです。

 

・塩分、油っこいもの、糖分を控える

・スナック菓子などの間食を減らす

・野菜やフルーツを出来るだけ食べる

・たんぱく質をしっかり摂る

・大豆製品を積極的に食べる

・冷たいものは控える

 

納豆や豆腐など大豆食品に含まれる「大豆イソフラボン」は、肌を美しくする女性ホルモンに似た働きをします。1日のどこかで摂取することをおすすめします。

 

生活習慣の見直し

どんなにスキンケアをして、身体に良いものを食べても、生活が乱れていれば、すぐに身体は悪い方に傾いてしまいます。肌荒れを防ぐには、乱れた生活習慣を見直すことが重要です。

 

・規則正しい生活を送る

・睡眠を6時間以上取る

・身の回りのものを清潔に保つ

・湯船に浸かるようにする

・お酒を飲まない「休肝日」を作る

・適度に運動をする

・紫外線ケアをする

・ストレスをため込まないように工夫する

 

これら全部を実践するのに越したことはありませんが、特に睡眠には気を配るようにしましょう。熟睡できるように、入浴をして身体を温め、食事は少なくとも寝る3時間前までに済ませておくなどして、質の高い睡眠をとってくださいね。

 

まとめ

肌荒れが起こると、何だか一日気分が下がってしまいますよね。意中の方とも顔を合わせたくなくなってしまったり、仕事でも自信を持って取引先に関わっていけなくなったり、人と接近するのが億劫になってしまったり…。たかが皮一枚、されど皮一枚です。

見た目の印象を一番左右するのは、身体表面でダントツの面積を誇る、お肌でしょう。

お肌に自信を持てると、一日のモチベーションが上がりますし、前向きになれるのでチャンスもつかみ取りやすくなるはずです。

肌荒れに悩んでも諦めずに、この記事でご紹介した対策を取ってみて下さいね。

つやつやの美肌は、今よりもっと明るい日々を連れて来てくれます。肌荒れ対策をして、前向きで充実した日々を送りましょう!

PAGE TOP